肌にハリがよみがえる!美容液ならこれがおすすめ

肌の構造と肌からハリが失われる原因

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三重構造をしています。最も外側にある表皮の角質層が、皮膚内部を紫外線や乾燥から守り、水分の蒸発を防いでいます。表皮の内側にある真皮は皮膚の約95%を占め、弾力性のある繊維状のたんぱく質が絡み合ってできています。毛細血管をはじめ、毛根、汗腺、皮脂腺などの器官がある場所で、肌のハリはここで生じています。しかし加齢によってどうしても真皮の水分量が減りますので、適切なケアをしないで放っておくと、急速に肌からハリが失われてしまいますよ。

毎日の生活の中で肌にハリを取り戻すには

加齢とは別に、真皮がダメージを受けた場合も肌のハリはなくなります。真皮を構成するタンパク質から弾力性を失わせるものに、まずストレスがあります。ストレスによって血流が悪くなると、十分な酸素や栄養素が細胞に届きませんよ。また、睡眠中はホルモン分泌や肌のターンオーバーが活発になる時間なので、不規則な生活も肌のハリを失わせる原因となります。そこで肌のハリを取り戻すには、規則正しい生活サイクルを心掛けるとともに、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを含んだ美容液を使っていくことが良いでしょう。

肌にハリを与える美容成分

コラーゲンは真皮に存在しているタンパク質で、弾力性が高く、細胞同士を結合させる作用があります。そして保水性の高いヒアルロン酸がコラーゲンのすきまに入り、水分不足を防ぎます。エラスチンはコラーゲンと同様に繊維状のタンパク質で、コラーゲンの繊維と繊維を結びつける働きがあります。エラスチンは紫外線を浴びると減少しますので、日焼け止め対策は重要ですね。これらを含んだ美容液に加え、肌の角質層で水分や油分を保持するセラミドを肌に与えることで、肌にハリが生まれるでしょう。

美容液とは保湿や美白、ニキビに有効な成分が濃縮に配合されている基礎化粧品で、目的に合わせた集中的なケアをすることができます。