楽に筋力アップできる?加圧トレーニングの実際

加圧トレーニングの基本概念

加圧トレーニングは血液の流れを悪くした状態で筋肉に負荷を与えてトレーニングをし、あたかも高強度のトレーニングをしたのと同じ状態を生み出すものです。筋肉が受けている物理的な負荷は小さくても、身体の中の環境としては高強度のトレーニングと同じ環境を生み出せる方法であり、それが身体に働きかけて筋力アップを促してくれます。これが加圧トレーニングの基本概念であり、自然の力を使って筋力アップを行っていると知っておきましょう。

負荷が軽いから楽にできる?

加圧トレーニングでは血流を制限することで擬似的に高強度のトレーニングを行った状況を作れるため、軽い負荷でも高い効果が得られるのが特徴です。そのため、負荷が軽いから楽にできると思われがちですが、意外に実際にやると辛さを感じる人が多いのが実情となっています。筋肉自体は高強度のトレーニングをしているのと同じ環境になるため、軽い負荷なのに重く感じてしまうことが多いのです。あくまで軽い負荷で行えるのがメリットして理解しておきましょう。

効果が高いからあまりやらなくて大丈夫?

加圧トレーニングについての誤解としてもう一つあるのが、筋力アップの効果の高さです。確かに筋力の増強効果が高いのが加圧トレーニングのメリットであり、それを小さい負荷で実現できます。しかし、効果が高いからあまりトレーニングをしなくても大丈夫かと言われるとそうではありません。自然の筋力アップのメカニズムを利用しているため、定期的に行わないと筋力アップはしっかりとは実現できません。筋肥大を見た目でわかるように起こそうと思ったら最低でも週に1度程度は実施する必要があると心して行いましょう。

加圧トレーニングなら横浜にある人気の施設があります。この施設では弾力性のある独自の床材を使用しているので裸足でトレーニングしても膝に負担がなくおすすめです。