妊娠線ができる原因とその解決策を紹介します!

妊娠線ができるのはコラーゲン組織の破壊が原因!

妊娠線は妊娠のときにできるものですが、そのメカニズムについてきちんと理解している人は少ないです。人間の皮膚の奥深くにはコラーゲン組織というものがあります。肌にハリや弾力を生み出しているのはこの組織のおかげです。これがが妊娠によるお腹の膨張によって破壊されることで線となって表れるのです。そのため、対策としてはコラーゲン組織が破壊されないように働きかける成分を摂取することです。それが妊娠線用クリームです。

保湿成分とビタミンCが有効成分です!

妊娠線用のクリームは数多く販売されていますが、どれを使えばいいか選ぶのに迷ってしまいます。結論からいうと、コラーゲン組織を回復させる成分が入っているものがおすすめです。たとえば、ビタミンCが配合されているものです。ビタミンCはコラーゲン自体を生成する効果を持っています。使用すると肌にハリが生まれて妊娠線の予防になります。また、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているものも使用してみましょう。

効果的な使用方法はこれです!

妊娠線用のクリームを使うときには1日に2回程度がおすすめです。朝と就寝前に塗るのが一般的です。特にお風呂上りは毛穴が明いている状態なので浸透しやすいので、おすすめです。また、その効果をさらに高める方法もあります。それはオイルとの併用です。妊娠線用クリーム単独だけでも十分な効果がありますが、オイルも同時に塗ると浸透力が高まり、肌の奥深くのコラーゲン組織に到達しやすくなるのです。妊娠線はきちんとケアをすれば十分に予防できます。

妊娠後に怖いのがお腹に浮き出てしまう妊娠線です。対策としては、お腹の皮膚を柔らかく保つということが重要です。妊娠線のクリームもたくさんあるので、妊娠中から、ケアを気を付けるべきです。